【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:20210723

健康的な減量には「体操」がかかせない!
というのは解っているんですが、
24時間の中で時間を選び出して、
体操することは意外と難しいものです。

でもね、減量の効果が最も出やすい時間帯というのが、
あるみたいなんですよね!

皆様は、
どんな理由で体操しているのかによって、
効果的な時間帯が変わってくることをご存知ですか?

まず、エネルギーをよりよく消費して、
体脂肪を燃やしたいという方は、
9時や午前中に運動すると良い…と言われています。

9時、からだが目覚めてすぐの時間帯は
交感神経の働きが活発で、
他の時間帯に同じような体操をするよりも
エネルギーを消費する量が多くなるからなんだそうです。

夜と比べると、
その差はなんと10%ほどにもなるとか!

その証拠に
9時食から12時食までの時間が、
12時食から夕方食までの時間より短いのは、
午前中のエネルギーの消費量が多いからなんですよね。

エネルギーの消費量が多いと、早く腹がすきます。

ですから、9時や午前中に体操することによって、
交感神経のスイッチを早く入れることができ、
代謝を高め、脂肪を燃焼しやすいからだ作りをすることができるわけです。

そして、筋力や基礎代謝量を上げたいという方は、
夜の体操がいいそうです。

脂肪も落として筋力もつけたいという方は、
9時と夜に、
10分でもいいので体操するといいでしょう。

腰回しや腰回しなどの本格的な体操じゃなくても、
ショッピングや家事などで、
からだを動かすだけでも十分効果があるそうですから、
試してみてはいかがでしょうか。