【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:20210331

減量をするためには、
筋肉を鍛える体操が、どうしても必要になってきます。

筋肉は、ミーたちが食べたカロリーを消費してくれる大切な箇所です。
だから、筋肉を鍛えることで大きくする必要があるんですよね。

女性の中には、筋肉を鍛える体操をすると、
ボディービルダーのようなからだになってしまうのでは?
と不安に感じる人が多いみたいですが…

それこそハードな体操でもしない限り、
筋肉がムキムキになったりしませんので、ご心配なく!

ミーがお勧めするのは「ながらミー」です。
何かをしながら体操をすると、
継続的に減量を進めることができますよ。

例えば、
何もせずにただ3分間体操をするというのは、かなりきつく感じます。
しかし音楽をかけながら、体操すれば楽勝です!

大体、今の音楽は一曲3〜4分程度。
ということは、一曲聴きながら体操をすれば3分程度になります。
一曲なら、少し頑張ってみようと思えますよね?

また3分というと、
テレビのコマーシャルの時間がこの程度のような気がします。
好きなテレビ番組を見て、コマーシャルになったら少し体操する、
これも簡単に頑張れるんじゃないでしょうか?

よく、減量には、
一日20分程度の体操が必要といわれています。
しかしこれは、
20分「連続」で体操をしろ!という意味ではないんですよね。

最近の研究によると、
一回当たりは数分であっても、合計で20分を超えれば、
減量効果はあるということが広く認知されています。

ですから、ながら体操でも、頻繁に行っていると、
意外と20分の壁というのは簡単にクリアできてしまうんですよ。