メガネはもういらない!?レーシックガイド

メガネはもういらない!?レーシックガイド

当サイト「メガネはもういらない!?レーシックガイド」のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。最近よく耳にするようになってきたレーシックというのは、手術によって視力を回復することの出来る最新の技術です。
目にメスを入れるというリスクはありますが、ほとんどの人が視力回復を実現させており、人気の治療法となっています。

 

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

 

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。

 



メガネはもういらない!?レーシックガイドブログ:20210410
シェイプアップにチャレンジしている人の中には、
定期的にジョギングをしているという方も少なくないでしょう。

ジョギングというと、
一見、足のトレーニングになっていると思われがちですが…
ジョギングというのは、うでの筋肉や背筋、腹筋といった
身体全体の筋肉の運動につながっています。

だからこそ、高いシェイプアップ効果が期待できるのです。

しかしジョギングによって
身体全体を効率よく動かすためには、
正しいフォームで走るということを、心がけなくてはなりません。

フォームが間違っていると、
せっかくのジョギングの効果も半減してしまう場合があります。

まずは、うでの振りについてです。

ジョギングをしている人の中には、
うでを大きく振り過ぎたり、
肩をいからせて走っている人を見かけますが、
いずれのフォームにしても、
うでの付け根にある肩甲骨を
効率よく動かすことができなくなってしまいます。

ジョギングは、上半身と下半身が連動することによって、
効率よく走ることができます。

ところが悪いフォームで走っていると、
身体の連動がうまくいかずに、走りの効率を悪くしてしまうのです。

また、
足の運び方をチェックしてみると、
ヒザの部分が足を踏み出すときに、
やや回転をして出している人がいます。

この走り方をしていると、
ヒザに負担がかかり、怪我をしてしまう恐れがあります。

足を前に出すときには、
まっすぐ出すということを意識して、
走るように心がけましょう。

正しいフォームを身につけてから、
長距離を走るようにしないと、
シェイプアップ効果が期待できませんよ!


メガネはもういらない!?レーシックガイド モバイルはこちら